本文へ移動

● できることが増える楽しさ

 
笑顔いっぱいの職場で
新しい仕事を習って、覚え、
体を動かしながらていねいにこなしていく。
それがすごく楽しいです。

髙橋 奈々紗(2017年入社)

サンテックス ピカピカの新人
私が手に取っているものは、子どもたちが使うもの。
ケガをしないように、楽しく使ってもらえることをイメージして、
検品するときはひとつひとつに
心をこめて作業をします。
 
 

キャリアステップ

2017年入社 ウッドファクトリー配属
商品管理課 配属
2019年 比内ファクトリー 配属

生産管理部での仕事の流れ

サンテックス 採用
●入ってきた注文書を確認
 
午前10時。注文書がFAXで入ってくる時間。芳賀先輩に確認しながら出荷の準備をします。
●棚をチェックし、商品をピックアップ●
 
注文を受けた商品を棚から探します。
種類が20数種類以上ある商品もあるので、
まちがわないように神経を集中させます。
 
●梱包、発送作業●
広い工場内を行ったり来たり、テキパキ仕事をこなします。
商品の数やかたちに合わせ、ぐらぐらしないようにしっかりと梱包をします。けっこう力仕事ですが、へっちゃらです!
ウッドファクトリーに配属されたときは、検品作業が主な仕事でしたが、生産管理部に配属されてからはいろいろやることが増えました。
私は体を動かすのが好きなので、注文書を受け取って、商品の梱包から発送処理までの、流れのあるこの仕事がとても楽しいです。

検品作業

生産管理部での業務のほかに、検品作業も続けています。
私たちの商品はこどもたちが使うものなので、それを思うと
ひとつひとつの検品作業も手を抜けません。
木工品は、木の目の関係などで断面がささくれだったりしているときがたまにあります。
そこをめざとく見つけて、ていねいにやすりをかけてすべすべにします。
先輩たちの元気さにつられて、会社にいるときは笑顔でいることが多いです。それで、自分もどんどん笑うようになって、そうするとますます元気になります。
わからないことを聞きに行くと、いつでも優しくていねいに教えてくれます。仕事以外のふだんの会話でも、自然に楽しくお話ができるんです。それは、若い先輩も、熟練の先輩も、みんなです。
今はまだ、先輩たちから教えてもらう立場ですが、こうして親身によりそってくれることにとても感謝しています。
だから、教えられたことは、次は自分一人でこなせるように、そして覚えたことを後輩に教えていける、そういうふうになりたいと思っています。
TOPへ戻る